グラフ

関東地震を予測できれば被害は食い止められる

記事一覧

グラフ

災害を避けるために

地震予想は、揺れが発生してから起こるP派とS派という派を観測して立てることが出来ます。二つの派の性質を利用し、高い精度で予想することが可能になっています。また、地形や気候などをデータとして集め、未来の地震予想を立てることも出来ます。

住宅

迫りくる災害に対して

地震の予報は非常に困難ですが、多くの大学や機関で研究が進められています。特に注目を浴びているのが自然や動物の特性を利用した地震予報です。これらの予報は機械を用いた予測よりも正確であると言われています。

大規模な被害が予測される!?

地震対策としては

レディ

関東での予報は

日本は地震の多い地域にあり、10年に1度は被害が出る大きな地震がどこかで発生しています。その中でも想定される被害がもっとも大きいのが、関東地震です。関東には日本の人口の半分が居住しており、人口密度が高いため大規模な地震が発生すれば甚大な被害が出ると予測されています。また東海地方も同様に被害が出ることが予測されているため、関東地震と東海地震は日本国内でももっとも地震対策が進んでいる地域です。このため地震予測の研究も世界的にみて進んでおり、また法令も整っていますが、一方で実際に地震が来るかどうかを予測することは、現代の日本においても難易度の高いものです。また予測をしても必ずしも当たるものではないため、公的機関が提供する関東地震を予測するものは、相応の確証を得た場合にのみに使われるもので、現実としてあまり予測としては役に立ちません。一方で民間の研究機関では、さまざまな地震の予測研究を行っており、無料または有料で情報を提供しています。あくまでも予測の範囲ですので実際の当たる確率は低いですが関東地震に備えて情報を得られる体制を整えていくのも地震対策になります。予測に備えてあらかじめ行動することで、地震に対する被害を最小限にすることができますし、また情報が発せられたさいに地震対策の行動を行えば、大きな地震が来た場合にも迅速かつ適切に行動することが出来ます。また訓練を繰り返すことでも地震後の復旧の手順も確認することができるので、作業の安全性も高めることができます。

家

災害における予知は現実へ

地震予測は、不可能と言われていた時代もありました。電磁波や地面の動きなどを把握しながら分析する事によって、地震予測ができる可能性が高まっています。ある国では、動物の脳で働く磁石の様な細胞に着目をして、動物による科学的な研究も行われています。