男の人

関東地震を予測できれば被害は食い止められる

記事一覧

災害における予知は現実へ

家

現在の科学の力

従来までは、地震の予測は不可能とされてきました。しかし、現代では地震が予測できるための研究が科学者などによって行われているのです。地震予測には主に二つのタイプに分かれています。力強い力が地面に働くと、岩盤同士の歪から電磁波が生じる場合があります。その電磁波のパターンを分析する方法です。もう一つは、地震によって動いた地面の差を分析する方法です。これらの二つのタイプを合わせた、複合的な情報を分析する予測方法もあります。ある国では、動物を利用した地震予測の研究が行われています。動物と言えば、迷信的な姿を持ち合わせていますが、脳細胞の中には磁石の様な働きのある細胞もあるのです。鳥は、飛んでいる位置を把握するために、地球の磁場をその脳細胞によって把握していると言われています。地震が起きる前は、電磁波が脳物に影響を与え異変が起きる可能性も高く、科学の目を持ち合わせ予測が研究されています。地震が起きる前は、大きな圧力が地面にかかります。その圧力が土を滑らせ、前兆滑りと呼ばれる現象が起きる場合もあります。この現象は、陸に起きるとは限らず海底の中でも起きる場合があります。必ず起きる現象ではありませんが、予測としての目安にされる場合もあるのです。科学的な地震の予測は、共通している姿に平穏時との差を把握して分析する方法が挙げられます。科学の進歩は、前に進む事で発展してきた一面を持ち合わせています。完璧な地震予測ができる時代は、間近に迫っているかもしれません。