男の人

関東地震を予測できれば被害は食い止められる

記事一覧

災害を避けるために

グラフ

予測のプロセス

日本は、かつて何度も大きな地震に襲われたことのある地震大国です。そのため、国民には様々な防災グッズや震災の知識が広まっています。中でも重要なのは事前に予測するということです。地震が発生すると、その揺れが震源地を中心にして地面へと伝わって行きます。これは地震波と呼ばれるもので、その中でもP派とS派と呼ばれる種類に分類出来ます。P派は、S派よりも伝わるスピートが速いという性質を持っており、このP派の衝撃を受けて揺れの予想を立てることが出来るのです。強い揺れを伝えるのはS派の方なので、P派を先に認識してしまえば、大きな揺れが来る前に揺れを察知することが出来ます。現在日本全国にはこのP派を計測するための場所がいくつも設置されており、携帯電話やスマートフォンなどがその電波をキャッチし、いち早く地震の情報を受け取ることが出来るようになっています。このようなリアルタイムの地震予想の他にも、何年後の何月に地震が来るという未来の予想を行う場合もあります。この予想は、様々な地震研究家の推測から成り立っているものであり、世界全体の地形を始め、宇宙の動きや月の観測の動き、天候などのあらゆる自然の摂理を情報として集め、それに基づいて作られます。過去のデータなども、大きな参考資料となります。また、大きな地震が来た場合でも自分や家族の身を安全に守るためにも、前もって避難用の道具や食料などを準備しておくことも大切です。しかし、何を準備して良いかわからない場合は、ネットなどで調べておくとよいでしょう。現在では、ネット上に避難の際に必要なものを紹介しているサイトやリストで確認できるサイトなど様々なものがあります。これらのサイトを上手く利用して、万が一の状況に備えるようにしましょう。