男の人

関東地震を予測できれば被害は食い止められる

記事一覧

迫りくる災害に対して

住宅

災害に対応するために

日本は地震大国であり、世界的に見ても非常に地震の発生回数が多く、さらに、たびたび巨大地震が発生しています。特に、阪神淡路大震災や東日本大震災が発生してから、地震に対する見方が大きく変わり、地震に対する知識や、耐震対策が大きな注目を浴びるようになりました。また、特に注目を浴びているのが、地震予報です。この予報は各地に設置されている震度計の情報を読み取り、あらかじめ地震の揺れを感知することで、都市に迫る前に地震の発生とその場所を知らせることができ、身を守る行動を行ったり、避難行動をとることが容易となります。この予報は現在研究中であり、予報の研究が進むにつれて、精度が高まり、より確実な情報を伝えることが出来ます。近い将来に発生すると言われている首都直下型地震や、南海トラフは甚大な被害をもたらす可能性が高いため、こうした予報を含めた様々な災害対策が積極的に取られています。予報に関しては、様々な大学や機関で研究されており、震度計以外にも雲や山などの自然、猫や犬などの動物を利用した研究が進められています。雲や山の変化を観察することで地震の発生を予知することができ、猫や犬は災害の発生に対して敏感であり、その特性を利用して発生を予知することが出来ます。とりわけ、阪神淡路大震災や東日本大震災が発生する前に多くの動物が普段とは異なる行動をとることが確認されており、より確実な予報をする上で欠かせないものとなっています。